・~・~・どさんこのお散歩~・~・  北海道の四季のたよりをお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知床連山(7月2日~3日)

硫黄山登山口が通れるようになったので、硫黄山登山口から岩尾別登山口までの知床連山縦走にチャレンジしました。

羅臼岳には何度も登っていたのですが、硫黄山は陸から海から見上げるだけでいつか登ってみたいと思っていました。

今年こそは夢を叶えるぞ!と一念発起して山好きの友達と一緒に登ることに。
雪渓登りに息が上がり・・・
DSC_0023_0702comp.jpg
それより怖かったのは雪渓を下ったり、横切る時。
滑ったらどうしよう・・・という恐怖と疲労で足ががくがくでした。

けれど稜線から見える景色は絶景!
これが見たくて登ってきたのよ~っと大満足です。
DSC_0049_0702comp2.jpg
噴火跡には植物が育っていなくて荒々しい感じです。

いました!シレトコスミレ。
このあたりにしか生息していないスミレです。
DSC_0065_0702comp.jpg
吹きっさらしの岩場に咲く姿が健気です。

天然のお花畑。チングルマが一面に咲いていました。
ちょっと暗いのは・・・そう、日暮れが迫っていたからでした。
テントサイトに急いでいる一コマでした。
DSC_0124_0702comp.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/07/10(日) 20:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
| ホーム | 礼文島(6月11日~13日)その2>>

コメント

知床連山は真夏でも雪渓が残っているのですね。丁度、私が若い頃大雪山系で夏スキーをしたときを思い出しました。回りにはやぶ蚊が多くて閉口した思い出があります。知床ではどうだったのかな?それとは別に、こんな過酷な自然のなかで高山植物が、何万年も生きてきたことに驚きを感じました。人間ならどうかな?

  1. 2011/07/10(日) 20:29:37 |
  2. URL |
  3. boysenberry #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shiretokodayori.blog21.fc2.com/tb.php/110-de162548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/10/26(金) 13:57:01 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。