・~・~・どさんこのお散歩~・~・  北海道の四季のたよりをお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天売・焼尻島その2

天売島で有名な鳥と言えば「ウトウ」です。
こんな集合住宅を造って住んでいて
DSC_00780703comp.jpg

こんなちょっとおじいさんみたいな顔をしています。
DSC_0187modcomp.jpg

道東に居た時は、沖合にいるウトウを双眼鏡で覗いて「いたいた!」と喜んでいたのですが、
この島ではほんとに手が届きそうな距離で観察できます。
ウトウは日中は海で魚を食べ、夕方に何十匹という魚をくわえて巣に帰ってくる暮らしをしています。

ウトウの他にもう1種、間近で見られるのを楽しみにしていた鳥は「ケイマフリ」です。
DSC_0150modcomp.jpg
遊覧船の上から撮ったのでピントがいまいちですが、目の回りが白くて足が赤い
この鳥のかわいいところはわかっていただけるのでは?

遊覧船の上から見られたもう一つの動物は・・・アザラシです。
私たちの船に気がついて離れていくところですが、
ちょっと気になって振り返りチラ見しつつ逃げているところがなんともかわいい(笑)
DSC_0167modcomp.jpg

海鳥の数は減ってきてしまっているらしく、オロロン鳥といわれるウミガラスはめったに見られない鳥になってしまったそうです(今回私も見られなかった)
いつまでも海鳥に会える島であって欲しいなぁと思います。

※タイマー投稿です。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/09(月) 20:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。